« クラブマンの誘惑 | トップページ | モービル・トラベラー »

2018年9月14日 (金)

再生可能エネルギー、僕らが買ってたの?

0914

『太陽光の買取り 半額以下へ」(niftyニュースより)
https://news.nifty.com/topics/yomiuri/180914270237/

太陽光などの再生可能エネルギーの買取価格が
数年後に半額以下にされるというニュース。

「国民への負担軽減につなげるのが狙い」とのことで
「?」となった。

再生可能エネルギーを電力会社が買い取る
というのは知っていたが
まさかその分が電気料金に上乗せされていたとは。

つまり、電力会社は全く痛手を負うことなく、
一般市民の負担でそれを賄っていた。

ソーラーパネルなどを設置して自家電力を賄い、
余剰分を電力会社に買い取らせていた人たちは、
多少の得をしていたかもしれないけれど、
設置できずにいた人たちは
電力会社に代わって、
その分を買い取らされていたというわけだ。

数年後、買取価格が半額以下になるとどうなるか。

発電設備を設置した人たちが得する分が半分に減り、
設置してない人たちの負担が多少減る。
少しはいいことなのかもしれないが、
いまいち効果が少なく、なんとも評価し難い。

おそらく発電設備を全国的に広めるための
政策だったのだから、
ソーラーパネルがあちこちの家の屋根に
見られるようになった今、
その狙いは達成されたかに見える。

だが、ソーラーパネルが一気に普及したことを考えると、
その大量のソーラーパネルの寿命が一度にやってくることも
また容易に想像できる。
その時に出る廃棄物とその廃棄にかかるコストは、
どれほどになるのだろう。

個人的な感想だけれど、
小さな効果しかないことで、
大きな負担が残ってしまったように思う。

「国民への負担軽減」という言い方に
選挙の影が見え隠れして、ちょっと気持ちが悪いし。

|

« クラブマンの誘惑 | トップページ | モービル・トラベラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186264/67168603

この記事へのトラックバック一覧です: 再生可能エネルギー、僕らが買ってたの?:

« クラブマンの誘惑 | トップページ | モービル・トラベラー »