« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

戦う道具



大晦日にiPad Proが届きました。

実はこれで何ができるのか、
全くわからない状態です。

しかし、何かを始めなければならない。
これで何かを始めよう。

そう思ったのです。

ほんとは少し計画があるのですが、
それはおいおい…

なにしろ、何かを始めるには
大晦日、そして元旦はいいタイミング。

新年、何かが始まる予感です。

| | コメント (0)

2018年12月30日 (日)

珈琲について考えた



コーヒーを淹れるということは
一息つくため、という感じがする

年末になってしばらく休日を過ごして、
よりそう思うようになった

休みだからといって
ダラダラ過ごしていると
コーヒーを淹れる気にならない。

何か仕事なり、作業なりをして
一息つくときに、飲みたくなるのだ。

コーヒーを淹れようと思えるということは、
つまり、何かを頑張れているということ。

なんじゃないかと。

思いました。

写真はいただいたコーヒー豆の
袋についていた
お店の紹介と
マメについての詳細が書いてあるカード。

デザインが良い。

福島県須賀川市
"Home Roasted coffee shop Rikyuu"

| | コメント (0)

2018年12月29日 (土)

初雪



福島県須賀川市に来ています。
昨夜から降り続いた雪で、
僕の車もすっかり雪化粧。

粉雪なのでフワフワとした感触ですが
気温が上がらず、道路は凍っています。

スタッドレスを履いていますが
相当な注意が必要です。

さすが福島は雪が降るな、と思いましたが、
どうやら全国的に寒波が来ているみたいなので、
ホームグラウンド宇都宮も
雪が積もったのかもしれません。

車の運転ももちろんですが
なにしろ歩いている時に一番注意。

年末年始、
皆様もどうか怪我のなきよう。

| | コメント (0)

2018年12月28日 (金)

お札の祀り方メモ



奥さんの実家に帰郷し、
家族で神棚をお祀りしました。

その時のお札の位置を教わったので
メモとして記しておきます。

正面に伊勢神宮のお札「天照皇大神宮」
右に氏神様のお札「産土大神正月家内安全太玉串」
左に崇敬する神社のお札「崇敬神社」

三箇所に分けてお祭りできない場合は、
上記の上から順に重ねてお祀りする。

三が日には氏神様を中心に飾り、
三が日が過ぎたら、上記に戻す。
(重ねる場合は氏神様を一番後ろにする)

間違いがあるかもしれませんが、
今日のところはこう理解しました。

メモ。

| | コメント (0)

2018年12月27日 (木)

ミニマルな旅



うちは小さな車で、四人乗りなので
夫婦と息子、そして犬が乗ると満杯である。

僕はもちろん運転席だが、
奥さんが僕のすぐ後ろの後部座席。
その横のチャイルドシートが息子。
助手席には犬用ケースに愛犬が乗る。

年末年始に実家に帰る際、
その満杯の車に、さらに生活用品を載せて
高速道路を100kmほど走った。

ぎゅうぎゅうの車内ではあるが
短くも楽しい旅。

広くて大きい車も便利だとは思うけれど、
この小さい車にいかに荷物を載せつつ
快適に出かけられるか、
知恵を絞るのも、また楽しみなのであった。

写真は、
ぎゅうぎゅうの車内から解放され、
川でのびのび遠くを眺める愛犬。

| | コメント (0)

2018年12月26日 (水)

そして、北へ



妻の実家である福島県須賀川市にやってきた。
婿入りした僕にとっては本家になるわけなので、
帰郷した、と言うべきかもしれない。

僕の現住所、宇都宮市から北に約100キロ。
高速道路だと、約一時間強の旅である。

須賀川市は隣の郡山市と比べると小さな街だか、
元々お城のあったところなので、
市街地には鍛治町や馬町など、城下町時代の
地名が残る。
もちろん城址も残っている。

あまり高い建物もなく、空が広い感じが良い。

関東圏に入る栃木県と違って、
福島まで来るともう東京を向いていないのも
心地よくて素敵だ。

少し余裕というか余白のある暮らしが
好きな僕にとっても
ちょうど良い人口密度だし、
何より故郷に帰れた妻の調子が良いように思うので
いずれこちらに居を構えてみようかという気持ちも
なきにしもあらず。

しかし、東京生まれの僕が、今は栃木県、
そして福島県へと、北へ北へ進んでいくのは
いったいなぜなのだろうか?

| | コメント (0)

2018年12月25日 (火)

2018、息子の試練



息子の今年最後の試練。

今日はBCGと四種混合の予防接種でした。

注射の直後は、やはり大泣き。
でもいつも通り、すぐに調子を取り戻し
あまり泣き続けないのがえらい。

僕の方がよっぽど動揺していたのであった。

父に似ず、強い子になれ。

| | コメント (0)

2018年12月24日 (月)

初めてのクリスマス



初めてのクリスマスです。

もちろん僕は40回以上経験していますが、
我が息子にとっての、
そして、僕にとっても
父となって初めてのクリスマス。

黒猫を連れた緑色のサンタクロースでしたが、
もうプレゼントも届いています。

BCGの予防注射があったり、
ウンチが出なかったり、
大変なこともありますが、
息子にとって楽しいクリスマスで
ありますように。

メリークリスマス!

| | コメント (0)

2018年12月23日 (日)

天皇誕生日に思うこと



今日は天皇誕生日ですね。
心よりお祝い申し上げます。

以前にとある方から聞いた陛下のお話。

戦後間もなく、
陛下がまだ皇太子様でいらした頃、
愛犬を連れて表参道をお散歩されていたそうです。
(今からすると、おおらかな時代ですね)

そのお話をしてくれた方は表参道育ちで
当時は小学生くらい。
当時の皇太子様は青年くらいだったようです。

(本人曰く)悪ガキだったその方は、
皇太子様をびっくりさせてやろうと
友人の大きな犬を借りてきて連れて行ったそうです。

いよいよ鉢合わせてみると、
皇太子様から
「坊やのワンちゃんは立派だね」と声をかけられ、
一発でファンになってしまったとのことでした。

僕もその話を聞いて、
一発でファンになってしまいました。

今日のお言葉も
国民に対する愛がこもったもので
涙が出ました。

日本国民で良かった!

陛下は譲位されますが、
これからもどうかお元気で
僕らを見守ってください。

お誕生日、本当におめでとうございます。

| | コメント (0)

2018年12月22日 (土)

祝福を。幸あれ。



妻の同級生の結婚式に参列してきた。

新郎も新婦も大学の同級生。

大学時代からおつきあいしていたというから、
10年弱というところか。

それでも慣れあいみたいなものはあまりなく、
いつまでも初々しい二人であった。

夫婦はよく似ているという話を聞くけれど、
いいヒトには、いいヒトが寄り添うものなのかな。

末永くお幸せに!

| | コメント (0)

2018年12月21日 (金)

カラスは街に



僕は宇都宮市の郊外に住んでいる。

朝夕、犬の散歩をするのだけれど、
だいたいカラスの出勤、帰宅と重なるようで、
よくカラスがたくさん空を飛んでいる。

不思議に思うのは、カラスの出勤と帰宅の方向が、
ヒトと逆だということ。

ヒトは多くが郊外から市街地へと出勤していくが、
カラスは街から郊外、山の方へ向かっている。
夕方はヒトもカラスもその逆だ。

カラスは山にかわいい七つの子…という歌が
あるけれど、宇都宮では街に帰ってきているのだ。

正確な理由はわからないけれど、
妻の仮説によれば、
二荒山神社の森に帰っているのではないかと。
二荒山神社は、宇都宮の街の中心にあり、
北方から伸びてきている丘陵地の最南端。
たしかに古い樹々が生い茂る森である。
なるほど、そこに住まうことは、十分に可能だ。
合点がいったが、疑問はまだ消えない。

では、なぜ山に出勤していくのだ??

いよいよ謎は深まるばかりである。

| | コメント (0)

2018年12月20日 (木)

テレワーク



iPhoneでたいていの仕事はできてしまう。
テレワークが可能なので、家で育児を手伝える。

でもテレワークと言えるほど、
家と職場が遠くないのであった。

写真はタイ土産の炭酸水。意味はありません。

| | コメント (0)

2018年12月19日 (水)

即行動



今日は片っ端から用事を済ませた一日であった

ここしばらくは僕の仕事が忙しかったり
夫婦で育児に追われていたりしていたので、
妻のいろいろな用事が溜まってしまっていたのだ

たまたま1日だけ予定が空いていたので一気に。

まずは午前中に美容室。
午後には近場の警察署で免許更新。
その間に届け物などで何ヶ所かを訪ねる。

それだけ聞くと大したことなさそうだが、
これにはもれなく赤子がついてくる。
寒い時期だし、油断はできない。

1日をなんとか無事に終え、そこで思うのは、
やろう!と思ったら即行動すること。
どうしよう、と悩んでいる時間がもったいない。

僕は優柔不断なので、その辺はいつも
妻に助けられているのであった。

| | コメント (0)

2018年12月18日 (火)

挑戦はつづく



犬の散歩中、気まぐれにコースを変えることがある。

ふと気になった道に入ることもあるし、
ひょっとして最短コースが見つかるのでは?
という期待を持って行くこともある。

どちらも近所なのだが、
通ったことのない道だ。

そんな道を進んでいくと、
行き止まりになることが多くて、
たいていは黙って引き返すことになる。

でもそんな無駄な道の片隅に、
素敵な出会いがあることも。

珍しい車が停まっていたりするのだ。

初めての道を行くとき、
その道程が無駄かどうかは
行ってみないとわからない。

ワクワクするのであった。

| | コメント (0)

2018年12月17日 (月)

赤ちゃん神話



「赤ちゃん神話」なるものが
親を悩ませる。

赤ちゃんは可愛くて、幸せになるもので、
笑顔にさせてくれるもの。

そうでなくてはならない、と。

実際、可愛いし、
幸せな気持ちにしてくれるけれど、
と同時に、
長時間泣かれたり、騒がれたりすると、
ムカついたり、憎たらしくなったりもする。

しかし、赤ちゃんに対して
そういう負の感情を抱くと、
「赤ちゃん神話」が責め立て、
罪悪感に苛まれる。

赤ちゃんだって親だって同じ人間なんだから
人間同士、うまくいって幸せな時もあれば
憎たらしいと思うこともある

そういう「仕方ない」という気持ちも持ちつつ、
でも親は年上だし、力も強いんだから、
弱いものに譲ってやるという気持ちを
持っていればいいのかな、と思う。

「赤ちゃん神話」になど、悩まなくて良い。

| | コメント (0)

2018年12月16日 (日)

微妙なズレ



自分のライフスタイルがイマイチ決まらない。
ライフスタイルというか、生き方みたいなもの。

なんとなくうまく行っていないというか、
うまく噛み合ってないというか、
写真のモナカのカラの部分がずれてるような感じ。

思ったのは、
他人の評価を気にしすぎているのでは?ということ。
自分の好きなことを、
他人の目を気にせずしていれば、
結構満足できそうな気がする。

それなのに、何をするにも
人の評価から考えてしまうと、
主導権が自分にないから、ストレスが溜まる。

自分の人生の主導権は、
なによりも自分自身が持っていなければならない。

なんて思いましたけど。

| | コメント (0)

2018年12月15日 (土)

河童は冬に何をしているか



学生たちのイラスト企画に参加。

河童と初雪をモチーフに、とのことだったけれど、
なかなか難しかった。

水の中を泳ぐからか、
河童は夏のイメージなのだった。

| | コメント (0)

2018年12月14日 (金)

りんごのはなし



りんごが出回っている。

先日遊びに来てくれた妻の友人から
りんごをいただいた。
その次の日には別の友人から電話が。
「りんご、食べませんか??」

そして今日、りんごのジャムが届く。

もらったこのジャムも、
誰かからもらって持て余したものを
長持ちさせるためにジャム化したのだろう。

そんな持て余した感じのりんごたちだか、
味はすこぶる良くて、
食べると瑞々しくて幸せな気持ちになる。

そんなものがたくさん出回って、
世の中が幸せになっていると考えると、
悪くないね、と思うのであった。

| | コメント (0)

2018年12月13日 (木)

日本よ



日本で暮らしていて、
安全な方だと思うし暮らしやすいとも思うけれど、
なんだか窮屈な感じもしている。

ずいぶん働いていると思うのに、
お金は右から左に流れていき、
生活していくのは大変。

子育てをしていても、
安心感はあまりなく、
常にどこか緊張している感がある。

では、どこならばいいのか?

北欧に旅した時は
わりと皆さん幸せそうだったし、
日本よりも治安がいいくらいだったけれど、
実際のところ、どうなんでしょうね。

なににせよ、外を見るのではなくて、
日本の未来を良い方向に持っていくのが
大切かと思う。

自分たちが良くしていくのだ、
という意識を持って生きていこうと思いました。

なんでか知らんけど。

| | コメント (0)

2018年12月11日 (火)

似て非なるもの

1211

育児中に、同じく育児中の友人が来訪。
友人と言っても、妻のですが。

お互いの赤ん坊の誕生日が5日ほどしか違わないので、
かなり状況が似ているけれど、
それでも成長の速度は人それぞれ。
寝返りが早い子、首すわりが早い子、卒乳が早い子など。

自分の子が周りより遅い場合、焦る気持ちもありますが、
大人になってそれらができていない子はいないと
思うようにして、考えていません。

ゆっくり、のんびり育ってくれればそれでいい。

|

2018年12月 9日 (日)

精神年齢



昨日に続き、知人の夫婦が訪ねてくれた。
彼らはともに大学の教え子で、
二月に出産予定とのこと。

彼らが入学してきた当時、
僕はすでに35だったかと思う。
いまの彼らは28前後だと思うので、
ずっと年上だったわけだ。

でもその時の自分よりも
いまの彼らの方がずっと大人で、
仕事も家庭も精一杯頑張っている。

息子が同級生というのが、
なんとなくその同等さを
物語っているような気がする。

関係ないか。

| | コメント (0)

2018年12月 8日 (土)

三歳児



隣県に住む妻の友人が遊びに来てくれた。
3歳の男の子を連れて。

3歳になるともうお話はできるし、
自由に動いて遊びまわることができる。
わずか3年。
すごいことだ。

はじめこそ人見知りしていた男の子も
次第に慣れてきて遊んでくれるようになった。

うちの息子はまだ話せないし、
動き回ることもできないけれど、
こんな風に話せたり、
一緒に遊べたりするのもいいだろうなと思う。

今のように、言葉が分からず、
意思も想像するしかない状態というのも、
これはこれで可愛いとも思うけれど。

| | コメント (0)

忘れえぬ人



日頃の多忙にかまけて、
なんだか色々と忘れている気がする。

例えば、僕自身もっとロマンチストだった気がするのに
ずいぶんとリアリストになってしまっているな、と思う。

歌などを聴いていて、その青臭さが懐かしく、
ずいぶん遠くに来てしまったな、とよく思う。

ここへ来てよく思い出すということは、
取り戻す時期に来ているのかもしれない。

| | コメント (0)

2018年12月 7日 (金)

週末に思うこと



負の連鎖が起こることがある。

仕事中に誰かがした大きな失敗をフォローし、
別の仕事ができない誰かをサポートしてあげていると、
その間に他の誰かによってさらに別の仕事が寄越される。

自分の予定はどんどん狂っていき、
大抵は食事が取れず、
体調もおかしくなっていく。

それを防ぐには、他人の一切に手を貸さず、
自分の用事に専念して動くこと。

だが、その負の連鎖に巻き込まれることで
得られる信頼みたいなものもあるのも事実で、
それが今の自分の地位を作っていたりもする。

この世は世知辛い。

| | コメント (0)

2018年12月 6日 (木)

徹夜のような




今日は勤め先の大学の授業での
マンガ制作課題の〆切日。

概ねが間に合った学生であったが、
数人出せていない人がいる。

僕は課題には参加していないけれど、
大学の教員による研究発表のための書籍『紀要』に
掲載するためのマンガを描いているので、
学生たちと同じ〆切にしてみた。

昨夜作業を始める時点で、
まだまだな段階だったので
結局朝の5時まで作業をして、
なんとか提出した。

実際の〆切はまだ数週間先なので、
ゆっくり描いてもいいのだけれど、
学生たちに言ってしまった手前、
僕が〆切を破るわけにはいかないのだ。

久々に徹夜に近い作業をしたら、
なんだか足に力が入らず、
フラフラしてしまった。
若い時には三徹くらい出来たものだが、
やはり老化は着実に進んできているのだった。

という悲しい報告。

| | コメント (0)

2018年12月 5日 (水)

入試の心得



入学試験という、人の人生を左右する出来事に
関わるようになって思うけれど、
入学する前に、しっかりその学校などの内容を
調べてくる人の少なさよ。

人生を左右するんだから、ちゃんと調べた方がいい。

当たり前のことだけれど。

| | コメント (0)

2018年12月 4日 (火)

小学生たち



小学生たちと話す機会があった。
毎年いただいている仕事で、
お仕事の話をするのだ。

夢のある話をしたいけれど、
厳しい現実も話してほしい、と言われている。

小学生の頃、厳しい現実なんて、
これっぽっちも知らなかったな。

大人たちが楽しく働いているようには
見えなかったけれど、
自分の人生はなぜか前途洋々に思っていた。

実際のところ、
なんだか上手く行っちゃっている気もするけれど、
ツイている部分ももちろんありつつ、
大変なこともそれなりにこなしてきた自信もある。

楽しいことも、厳しい現実もあるけれど、
あまり考えず目の前のことに集中してきたのが
良かったのかもしれない。

今日そう話せば良かったな、と思った。

| | コメント (0)

2018年12月 3日 (月)

親とは



子どもが生まれて、
初めて自分が子どもだったことを知った。
という話を聞いて、ほんとだ、と思った。

子育ての大変さを知って、
それを知らなかった自分が
例え年齢は大人であっても
所詮は子どもであったことを知ったのだ。

とか言うと、子どもができない人は
一生子どもだと言うのか!と叱られそうだけれど、
ある意味、そうだ、とも思う。

だって、子を育てることは本当に大変だし、
不退転の決意を無理やりさせられるような、
ものすごいことなんだもの。

別に人間は必ず親になり、
そらによって大人になるべきだとは思わない。
そこで言う大人にならない、なれない「子ども」を
悪いとも思わない。

そういう人だからこそ出来ることもあるし、
そういう人から学ぶこともたくさんある。

でも、もっと単純な話。
子育てを経験して、精神的にギリギリな中で
なんとか子どもを育てた人というのは、
世の中の多くの「親」というのは、
本当に大人になっているのだ。

嬉しさと同時に悲しみもたくさん知っている。
どうにもならないこともたくさん知っている。

僕は子どもを持ったとはいえ、
まだまだそんなに苦労をしていないから、
これから知ることもたくさんあるとは思う。

だけど、世の親たちをリスペクトしたい。

ロクでもないのもたくさんいるんだろうけれど、
子どもを育てた世の親たちを、
僕はリスペクトしたいと思う。

すごいことを、なんとかクリアしてきた人たちだから。

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

時間を大切に



仕事と家庭の両立というのは
いつも悩ましいものです。

どちらを優先というのもなかなか難しい。

仕事は家庭のためにしているものだし、
家庭の安定で仕事も安心して取り組める。

どちらも大事で、優先順位なんてない。

では、どうすればいいか。

これはもう、
要領よくやるしかないのではないか。

当たり前の答えで申し訳ないけれど、
でも考えてもみてほしい。

仕事と家庭、
果たして要領よくやっているだろうか??

だらだらと仕事をして残業になっていたり、
すぐに風呂に入らずに寝る時間が遅くなったり。

そういったことを極力無くしていって、
出来るだけ今やることに集中し、
全てを要領よくこなしていければ、
意外と両立できていくかもしれない。

やってみないとわからないけれど、
少なくとも、やってみる価値はある。

と思う。

気がする。

| | コメント (0)

2018年12月 1日 (土)

マイルストーン



息子が無事生後五ヶ月になりました。
育児はまだまだ予断を許さない状況ですが、
少しずつでいいから
元気に成長してほしいものです。

ともあれ、めでたし。

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »