2019年9月11日 (水)

はるかなる世界

Img_9811  
SNSが隆盛だけれど、
そこに書かれた色々な情報を見ていて、
特に他人についてあれこれ書いているやつとかは
どこまで裏を取った情報なのかと、不思議に思う。

身近な人のことでもよくよく話を聞いてみないと
わからないことが多いのに、
面識のない他人について
大した情報もなく、想像だけで
あれこれ書けるのは何故なのだろうか。

腹が立つとかは全くないのだけれど、
単純に不思議だなと。

教育テレビの朝の番組「シャキーン!」で
「はるかなる世界」という歌がある。

『まずは なりきってみるの

何か わかるかもしれない

ほらね なりきってみたら

はるか 世界は広がる』(サビの部分のみ抜粋)

なりきってみると、
他人にはそれぞれ事情があったり、
意外と単純ではない。
こっちから見ただけで決めつけずに、
他人にもなりきってみると、
迂闊には他人について書けなくなる。

それはそれでつまらないかもしれないけれど、
なりきってみるのは大事なんじゃないかと。

世界が広がるかもしれないし。

以上です。

|

2019年9月 5日 (木)

Cocoroni Utawo!

Img_9372
何か生活に違和感を覚えながら過ごして、数ヶ月。
なんとなく原因がわかってきた気がする。

生活の中に音楽がないのだ。

子どもが生まれてすっかり生活も様変わり。
子どもが退屈しないようTVをつけておくことが多く、
そうすると当然、音楽を流すことはなくなる。

以前の僕はTVは見ないし、そもそも持っていないから、
スピーカーから音楽を流すのが基本の生活だった。

もちろん子どものためだし不満はないけれど、
心の豊かさは明らかに減退している。

そう気づいて、一度試したことがある。

妻の入浴中は、僕が子どもを見ているのだが、
TVを消して、音楽を流してみた。

TVと音楽用のスピーカーは、
子のいるベビーサークルを挟んで反対方向にある。

しばらくは聞き慣れない方向からの音に
耳を澄ませていた子であったが、
次第に慣れてきたのか、気にせず遊び始めた。

TVをつけている時も、ずっと観ている訳ではなく、
気になると観る程度だったし、観るときは
たいてい音楽や歌が流れるとき。

そう、どうやら子どもも音楽が好きなのだ。

だから、音楽だけでも全く問題がなかった。

子ども向けの音楽でなくても、
意味はわからなかったとしても、
きっといいのだ。

これからはちょくちょく音楽をかけよう。

|

2019年2月28日 (木)

映画を観る



「未来のミライ」と「羊と鋼の森」を観た。

「未来のミライ」は、まさに今の我が家という感じ。
いや、うちは初めての息子が生まれたばかりだから、
映画の方が少し未来かもしれない。家も建ててるし。

子育てについて、また、子供が生まれた時の混乱、
子供が思ういろいろな感情について、考えさせられる。

近い将来について、よく考えたかな。

「羊と鋼の森」は、作家としての生き方?
みたいなことを考えたかも。
何か一つの職業で生きていく、という時に出会う、
苦難や努力や成功、と言った感じかな。

よくわからないけれど。

どちらにせよ、子供が生まれてから
まともに観られていなかった映画を
なんとか観られたことで
少し子育てにも余裕が出てきたのかなとは思う。

なんて、映画と関係ない話だけれど。
映画はどちらも良かったので、ぜひ。

写真(絵だけど)は今日描いたイラスト。
『星祭りの夜』というタイトル。
文の内容とは関係ありません。

| | コメント (0)

2019年1月26日 (土)

ベビーサークル設置



ベビーサークルを設置しました。

うちの赤ん坊は寝返りはできても
ズリバイやハイハイなどはできず、
動き出す気配はまだありません。

でも寝返りしたり足をバタバタさせて
少しずつ移動し始めている…

マットからずり落ちているなんてことも
多く見られるようになってきた。

そこで、早めの一手を打ったわけです。

子供が生まれると
インテリアなんて言ってられませんが
このベビーサークルはダークブラウンで
シックな装い。

最近のベビー用品は
インテリアも考えられて作られているのだ。

と、なんだか関心してしまいました。

しばらく場所は取られますが、
そこは仕方がない。

元気に育ってくれれば
もうなんでもいいや。

amazonを見たら品切れになっていたけれど
下記の商品です。

ネビオ
木製オートクローズドア付ベビーサークル 8枚パネル
(ダークブラウン)

使い心地はまだわからないけれど、
組み立て自体はとても楽でした。
犬も興味津々。

| | コメント (0)

2019年1月23日 (水)

育児最前線



睡眠が大事だ。
子育てをしていると
本当にそう思う。

だって、
寝ないとほんとにもたないから。

それだけギリギリで
やってるんだなーと思う。
奥さんなんて、もっとだ。

僕も仕事が忙しいんだけれど、
それもそこそこに
今日は寝るのだ。

夫婦どちらも
休めるだけ休んでおいた方がいい。

明日のために。

| | コメント (0)

2019年1月15日 (火)

子守唄の効能



子守唄というものがある。

赤ちゃんを寝かしつけたりするときに歌う唄。

実際に赤ちゃんを抱っこして寝かせる際に、
子守唄とは限らないけれど、
何かしら唄を歌う。

ゆらゆらと左右に揺れながら、
背中をさすったり、軽くリズムを取りながら。

赤ちゃんのためもあるけれど、
僕の場合は自分のためが半分以上かも。

赤ちゃんが寝るまで抱っこというのは
なんたって、暇なのだ。

しかし、残りの半分弱は、
やはり赤ちゃんが眠れるように
という意味があると思う。

歌声の振動が胸から響いて伝わっていて、
それが安心感につながっているのではないか。

歌うのと歌わないのでは
赤ちゃんが睡るまでにかかる時間が
結構違うように思う。

おそらく何万年も続いてきたやり取り。
先祖の知恵なのかもしれない。

| | コメント (0)

2019年1月10日 (木)

全国1位は本当か



僕の住む宇都宮は
共働き子育てしやすい街ランキング2018で
全国1位なのだそうだ。

確かに保育園はあちこちに見られるし、
学校やスーパーも点在していて、
生活はしやすいかもしれない。

少し郊外に出れば自然もたっぷりあって、
僕自身、とても住みよいとは思っている。

けれど、保育園や学校、スーパーとともに
たくさん見られるものがもう一つある。

細い路地をぶっ飛ばす車だ。

自動車の運転マナーがすこぶる悪いのだ。

そんなものが日常的に見られる街で、
どうやって安心して子育てが
できるというのだろう。

生活面で言えば確かに便利ではあるけれど、
それらの利便性は
死んでしまっては何にもならないものなのだ。

こんな小さなブログで書いても
宇都宮市の政治家の皆さんに届くとは
思っていないけれど、
宇都宮の最重要課題は、
運転マナーの向上だと思う。

その理由だけで街を去ろうとしている家族を、
少なくとも1組、知っている。

| | コメント (0)

2019年1月 5日 (土)

チャレンジが始まる



妻の実家のある福島県須賀川市から
ホームグラウンドである宇都宮に戻った。

この年末年始は、妻の両親の協力を得て、
子育て真っ最中の我ら夫婦は
ずいぶん助けてもらった。

その間に離乳食と大人用湯船にチャレンジ。
息子もなんとかクリアしてきた。

やっぱり家族が多いのは助かる。

若い人たちは親と別居したがるけれど、
子育てが始まると同居を始める人も多いと聞く。

どちらの気持ちもよくわかる。

だが、うちの場合、
両親は海外に赴任しているので
同居という選択肢は始めからないのだ。

これからまた夫婦のみの子育てが始まる。

この年末年始でスキルアップはできた。
実力を試すときがやってきた!

大袈裟ですが。

| | コメント (0)

2018年12月25日 (火)

2018、息子の試練



息子の今年最後の試練。

今日はBCGと四種混合の予防接種でした。

注射の直後は、やはり大泣き。
でもいつも通り、すぐに調子を取り戻し
あまり泣き続けないのがえらい。

僕の方がよっぽど動揺していたのであった。

父に似ず、強い子になれ。

| | コメント (0)

2018年12月24日 (月)

初めてのクリスマス



初めてのクリスマスです。

もちろん僕は40回以上経験していますが、
我が息子にとっての、
そして、僕にとっても
父となって初めてのクリスマス。

黒猫を連れた緑色のサンタクロースでしたが、
もうプレゼントも届いています。

BCGの予防注射があったり、
ウンチが出なかったり、
大変なこともありますが、
息子にとって楽しいクリスマスで
ありますように。

メリークリスマス!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧